口唇ヘルペスが繰り返す、再発する原因は?

口唇ヘルペスは慢性化しやすい疾患であり、非常にしぶとく繰り返すことが多いものです。では、どうして口唇ヘルペスは繰り返すのでしょうか?それは、特別に治療せずとも口唇ヘルペスの症状自体は治ったように見えるかも知れませんが、実際にはヘルペスウイルスは排除されることなく体の中に潜むからなのです。つまり、根本的な治療を行わないと繰り返すというだけなのです。

 

口唇ヘルペスは2週間程度で症状が消失しますので、発症しても全く治療しようとしない人もいますし、ちょっと保湿クリームなどを塗って終わりにする人もいます。本当ならば全ての口唇ヘルペスは抗ウイルス作用を持つ専用の塗り薬と内服薬を併用し根治させるべきなのですが、軽視する人が多いのが現実です。そうすると、ヘルペスウイルスへの感染自体は継続していながら、症状だけは解消する不顕性感染の状態へと移行します。したがって口唇ヘルペスが再発するとはいいますが、そもそも感染は継続していて、免疫力が低下したり粘膜の状態が悪くなるといつでも顔を出すわけです。治療していないから治らず繰り返すというわけなんですね。

 

ヘルペスウイルスは三叉神経節内に潜んで不顕性感染の状態に移行し、神経内部では免疫機構がウイルスを排除する機能は働かないため、勝手にヘルペスウイルスへの感染が解消し根治するということは起こりません。したがって、口唇ヘルペスにかかったらしっかり適切な治療を行い、ヘルペスウイルスを根本的に体から追い出す必要があるのです。