妊娠中の口唇ヘルペスの赤ちゃんへの影響は?

妊娠中に口唇ヘルペスに感染するとやはり赤ちゃんへの影響が気になるものですよね。基本的に妊娠・出産において口唇ヘルペスが赤ちゃんへ直接感染することはありませんし、ヘルペス感染による何らかの影響があるという情報もありませんので気にする必要はないでしょう。ただし、産後の子育てのことを考えると、出産前に口唇ヘルペスをしっかり治療しておくことが強く推奨されます。

 

口唇ヘルペスの原因となるヘルペスウイルスは三叉神経節に潜み感染が継続されます。しかし口唇ヘルペス発症時の病変部位と三叉神経節以外には免疫力低下などにより感染が激化しない限りウイルスが移行しないため、お腹の中の赤ちゃんに直接口唇ヘルペスが移ることはありません。また基本的に、出産時に産道から移ったりすることも考えられません。育児中も母乳経由で移ることはないでしょう。

 

しかし、全く安心というわけではありません。妊娠中のヘルペスは胎児に対してノーリスクと考えて問題ありませんが、出産後はどうしても唇に直接触れての感染リスクが避けられません。小さな赤ちゃんに「口唇ヘルペスができているところを触ってはいけない」などと教え込むわけにはいきませんので、お母さんがいかに子供に移さないようにと注意しても、赤ちゃんの方から触ってきてしまい感染するということはよくあることなのです。ですから、妊娠中にできた口唇ヘルペスは、妊娠中に完治させてしまいましょう。